スポンサーリンク

わたしがわたしであること

『わたしがわたしであること』

9月に参加したマントラリトリート以来、わたしの真ん中にあるもの。それをずっと見ています。

 

わたしはさそり座ということもあって、10月10日に起こる星の動きにも、アンテナを張りつつも、

日々、目の前に起きてくる出来事と向き合っていた。

本当に神さまはいろんなパターンで、いろんな流れでわたしにお知らせしてくれるんだけど、

一撃をくらったようにも見えて

それは必要な一撃だったと受け入れる力が、

わたしのなかに育ってきたように思う。

 

ほんの数年前に読んだことのある本に書かれていることばの、味わい方が変わっていること。

確かに以前よりも、わたしの真ん中へと浸透していく感覚。

逢いたいと思うときに、そのひとのエネルギーを近くで感じられたりすることは、わたしにとってのお護りで、

それは、本当に何も特別な力じゃないんだろうと思う。

だって、わたしにだって、でき始めているんだから。

 

わたしを生きるということの恩恵は

とてつもなく深いものなんだろうな

ということはわかり始めた。

 

痛みも闇も、、強烈に。

だけどそれを「見たい」と望んだのは「わたし」

それを「見るだけの力をください」と望んだのも「わたし」

 

わたし一人頑張っている気になりがちだけれど、

わたし一人でやってきたことなんて

そもそも何もなかったのかもしれない。

 

 

今日は

なんだかラブレターを書いているような気分。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク