スポンサーリンク

プライベートヨガセッションで共有したいこと

紫陽花をはじめてみたチャイちゃん。

いそいそいそ…

クンクン。

(ムシャっとする前で阻止)

さてヨガしますかなーというところで

足元で一緒にごろりん。

ちょっとポージングかえたりもする。

可愛い可愛いチャイ子ショット、いかがでしたか?

可愛くて仕方がないです。

猫さんと一緒に暮らしている家族は、みんなこんな気持ちなのかなぁと心配になったりもします。

ヨガと出逢って丸3年で気づいたこと

 

さて、おうちヨガのスペースですが、プライベートセッションに力を入れていきたいと想っています。

 

立ち止まって愛をたくさん与えてもらって気づいたことがあります。

それはわたしはこれまで

「絶対的に正しい知識」や「これだけをやっていればいい」という何かを求めていたのだということ。

その何かを持っている、何者かになろうとしていたということ。

つまり、外からの『許可』を欲していたのだということ。

 

気になること興味のあること、ピンとくる感覚にしたがって

これまで学んできたことや体験したことのなかで

まるで魂が震えたかのように涙があふれてどうしようもなかった瞬間を振り返ると

「外からの許可なんて、いらないんだよ」と教えてもらったときでした。

 

そのときにはわからなくても

後で気がつくことの方がどうしても多くなってしまうけれど。

 

頭ではわかっていたような気になって、口でもそう言ってしまうけれど

本当に体験として

「まわりからの許可なんていらない、本当にそうなんだ」ともう、そう感じるしかないとき、

その瞬間に居合わせているということはなんて幸せなことなんだろうとおもう。

だからこの体験は、瞬間であっても余韻がのこる。

 

幸せの余韻はたしかに残っていたはずなのに、また忘れてしまう。

だけどそれは悪いことではないんだと思う。

そしたらまた戻ればいいだけだ。

戻った時の感覚をわたし自身が知っているのと知っていないのと、その違いはきっと大きいのだと想う。

戻り方がわからなくなったら、そのツールを与えてくれる人はたくさんいる。

わたし自身でできるケアをして、それでも足りないってなったら、信頼できるだれかの力をお借りする。

 

わたしだけで解決できるものを手に入れてないなんてまだまだだ、と

また誰かからの許可を求めているとキリがない。

それでいいじゃん、と想っているところです。

 

プライベートヨガセッションで共有したいこと

みんなが戻った感覚を大事にしたときどんな世界が待ってるんだろうとちょっと想う。

でもわたしにとっては、大きな世界をみるのはまだちょっと早い。

 

わたしのおうちヨガスペースに来てくれる方とのセッションを通して

「わたしに戻るための自己治癒力を高めること」

「誰かからの許可は求めなくていい

あなたのなかにある感覚を誰かがつくった良い・悪いに関係なく、認めてあげていいんだよ」

ということを軸に向き合っていきたいと想う。

 

それが自分と繋がるということ。

 

ヨガと出逢って丸3年。

なんにも好きなものなんてないと想っていたわたしにとって、興味のあることが広がっていたことに驚いた。

たくさん瞑想もしたけど、迷走もした。。笑

たくさんの先生や仲間に出逢ってサポートをしてもらった。

枠をくれることで、枠が必要ないんだということも教えてもらった。

 

わたし自身が「誰かからの許可を求める性質がある」からこそ、

ほかの何かや誰かに憧れるあなたのことにも共感できる。

 

結局のところ、わたしはわたしに与えてもらったものでしか誰かには与えることはできない。

 

わたしの好きなツール、

  • ヨガ (体を動かすアーサナ、呼吸法、瞑想)
  • アーユルヴェーダのアプローチ
  • ボディワーク・踊り
  • 発声・ことばあそび
  • サウンドヒーリング
  • マッサージ

などを通して、

プライベートセッションでは

『自己治癒力を高めるエッセンス』

『あなたがあなた自身を許可してあげられるようなエッセンス』

を混ぜていけたらいいなと想っています。

 

1回ごとに一緒につくるセッションの空間。

そのときのわたしが持っているもので、そのときのあなたにとって必要なものを提供できるよう、全力でさせていただきます。

即効性は、、ちょっとお約束ができません。。ごめんなさい。

だけど、これから一緒に蒔くタネにはきっと芽がでるということもわかっています。あなたが成長する過程で、「あの人の提供するこんなエッセンスがあったらいいかも」ということは、わたしの経験からお話もさせてもらいます。

(決して勧誘ではないのでご安心を)

きっと丁寧に時間をかけて気づくものは、あなたを守ってくれるはず。

だから、のんびり気長に楽しみましょうね^^

どうぞ、一緒にお付き合いくださいませ。

 

∞プライベートヨガセッションについて∞

∞スケジュール・ご予約はこちら∞

スポンサーリンク