妹の結婚式 をとおして浮かびあがるもの。

1年のまとめのような、12月。

年内でいったん整理をつけるもの。

引き続いて取り組みたいもの。

新しく動き出すもの。

そんなものたちが次々と生まれていく。

次々と浮かんではくるものの、

結局、ひとつのことにしかきちんと向き合うことができなくなっていく。

急いでレスポンスを出すことを求められることもあるけど、

置き去りになってしまって本質が抜けてしまうことは

とってももったいないことなんだと、最近特に想う。

先週末は、妹の結婚式。

そこで浮かび上がってきたものは、とてもとても綺麗だった。

妹に関わっている、多くの人の想いをみた。

妹との関係性も、様々な人たちの想い。

職場の方、友達、家族、親戚。

妹の「母として」、「父として」、「姉として」。

みんなが、大好きだと改めておもった。

妹に内緒で、当日に渡す、手紙を用意していた。

なにを伝えたいのか、そこを明確にしたくて、

「わたしにとっての妹の存在」をなんども見つめた。

こういう時間をもてたことが、とてもありがたいなとおもう。

届ける機会をくれて、受け取ってくれて、ありがとう。

当たり前すぎる妹の存在。

やっぱり、最後はただただ、「幸せになってほしい」と願うことだけだった。

結婚というなにか出来事をとおして、

ひとりひとりがその出来事から浮かび上がる想いと向き合う。

意識していようが、していまいが、

そういうことの連続で、毎日なにかが生まれているんだろうなと思った。

ただ、そこに在るものを、

「在る」と認めてあげること。

マントラを学ぶこと、音からみてあげることで

出来事のなかにある、「見逃したくないもの」に

どんどんフォーカスできるようになっていく。

ただそこに「在る」ものにフォーカスするから、

光も闇もみていくことができる。

一見、光にみえることのなかにも闇はあって、その闇も光に変えることができると知っているだけで、闇を見る強さがもてる。

ひとつひとつの瞬間を大切にできるわたしでいたい。

見えなかったものを見ることができるようになりたい。

真ん中に寄り添い、真ん中に戻れるわたしでいたい。

2018年1月から、

マントラの音をとおして「わたし」に寄り添うことのできるヨーガの時間を

2ヶ月に一度のペースで開催することになりました*

こちらについては、別の記事でお知らせさせてくださいね。

→ 『1月31日(水) 満月開催 ◯ 1月の 朝と夜のマントラ∞キールタン ◯』のお知らせ (2017.12.18 更新しました)

来年、マントラをとおして、もっと仲良くなれますように。

必要なひとたちと、マントラをとおして学び、ともに成長することができますように。

 

ヨガクラスの
スケジュール・ご予約はこちら
シヴァナンダヨーガ おすすめの本
▼ スワミ・シヴァナンダの生き方・語られた教えなどが書かれた一冊。
▼アーサナ(ポーズ)、呼吸法、食事など、「ヨーガとは何か?」について、総合的にまとめられた一冊。