今日のヨガの練習。カラダが動きたいように動く練習。

雨が降ったり止んだりの天気。

朝はすこし肌寒かったかと思うと、お昼はジメジメしたり。

1日のうちでも気分が移ろいやすい時期。

 

決まった動きから学ぶこともあるけれど、

最近のわたしのヨガの練習は

『カラダが動きたいように動く』ということ。

 

思い切り動かしたいときはとにかく動きを多くしてあげたり

あまり動かしたことのない流れを取り入れてやってみたり

「あーーー!」と声も出したり

かなり自由にやっています。

 

 

ヨガも踊りも声も全部がごちゃまぜのような時間。

 

とはいえ、ちょうど新月からムーンタイムに入っているので

夕方にはゆったりとしたヨガの動きを取り入れてスローダウンさせてあげる日が続いています。呼吸法から丁寧に。

それもやっぱりすごく気持ちがいい。

おかげで毎晩ぐっすり眠り、朝はパシッと6時前に目が覚めています。

夜ご飯を意識して軽めにしてあげることも良かったのかも。

 

女性に訪れる月経のタイミングも人それぞれだし、ライフバランスや役割も人それぞれ。

もっと大きな枠でみれば、月の満ち欠けの影響も受けていたりするわたしたち。

みんな見ている世界は違っていて

一人一人にできることや、任されていることも違っている。

 

そんななかでヨガやアーユルヴェーダの叡智を暮らしに取り入れて

『わたしにとっての心地よさ』をあれこれ試行しながら気付いてく。

 

ヨガはとても素敵なツールです。

 

サントーシマ先生が話してくれた、

「アーユルヴェーダやヨガの叡智は

不確定のなかで安定したい、という『人間の小さな試み』だよ」

ということば。

いつでもこのことばのもつ、器の大きさに救われます。

 

明日で6月も終わりますね。

上半期が終わります。

そして7月。

暑さも強まるけれど、楽しみもイベントもたくさんあって活動的な季節がやってきます。

移ろう季節とともに、変化するわたしを楽しみながら過ごしていきたいものです。

 

 

 

ヨガクラスの
スケジュール・ご予約はこちら
- 夏の夜、『星空ヨガ』でうまれた音 ヨガ用BGM -
▼ 倍音楽器ハンドパンとハルモニゥムの音が、ヨガをするときの呼吸を心地よく深めてくれる一枚。
シヴァナンダヨーガ おすすめの本
▼ スワミ・シヴァナンダの生き方・語られた教えなどが書かれた一冊。
▼アーサナ(ポーズ)、呼吸法、食事など、「ヨーガとは何か?」について、総合的にまとめられた一冊。