スポンサーリンク

シヴァナンダヨガTTC、気になる申込方法や飛行機のこと

みなさん、こんにちは。サーシャヨガのsanaeです。

ただいま、2015年に卒業したシヴァナンダヨガのティーチャートレーニング(TTC)の記録や感じたことなどをブログに綴っています!

引き続きよければ、お付き合いくださいね!

今回は、もう行くぞ!と心に決めている方にむけて。

英語につまずいた私の目線でお伝えします。

 

sivananda yoga TTCの巻!

(前回)

〜シヴァナンダヨガTTCに参加する前のわたし〜

〜シヴァナンダヨガのティーチャートレーニングに参加を決めた理由〜

〜シヴァナンダヨガTTCを卒業してからはじまる、新たな修行〜

シヴァナンダヨガTTC、実際にどんなことしたの?【アーサナ編】

 

今回は

〜シヴァナンダヨガTTC、気になる申込方法や飛行機のこと 〜

です。

ガネーシャ神の待つタイのアシュラムまで、いざ!

さてさて、いよいよTTCへの参加を決めて、準備を始めている方にとって、

気になるのはTTCの予約方法や飛行機のこと。

当時のメールが残っていました。よかった!

申し込んだ時期

2015年のタイTTCは10月4日、スタート。

約3ヶ月前の7月に申し込みました。東京センターでの説明会を終えてすぐです。

タイは申し込みの時期が早いほど、ベッドが大きくなる仕組み。

 

私の部屋はメインホールからちょっと離れたところ。部屋ごとに雰囲気が違います。

ただ、申し込みについては、順番は特に気にしなくて大丈夫かと思います。

わたしのベッドも十分な広さがあり、まったく問題なしです。

極端に豪華な部屋に泊まってる人がいる訳でもなく、極端に狭いベッドの人がいるわけでもなく、同期でベッドの広さに困っていた人はいませんでした。

日本人は日本人で同じ部屋にしてくれます。

どちらかといえば、「運・タイミング」。

申し込みのタイミングで、1ヶ月同じ部屋で過ごすルームメイトが決まります。

申し込み方法

コースの申し込みは、International Sivananda Yoga Vedanta Centersのホームページから行います。

具体的なコースの申し込み手順については、シヴァナンダ・ヨーガ・センター・ジャパン(通称:東京センター)のホームページで説明してくれているので助かりました。

英語だったけど、無事に申し込めましたよ〜!

 

そしてそして、インターネットでの申し込みの後、

どんなやりとりが行われたか。

①翌日、申し込みの完了メールが届く

 

翌日に、センターからメールが届きました。

英語がズラリと並んでいて、かなり焦ったのを覚えています。

簡単に説明すると、

「コースの料金やユニフォームのサイズなど、

事前に申し込みした内容と合っていますか?」というような内容。

IDなども書かれているけど、このIDをわたしが使うことはありませんでした。

どうやらちゃんと申し込めていたようで、ほっと一安心。

 

②さらにその翌日、コースの詳細メールが届く

ふぅ、と安心していたところ、さらに翌日に英語がズラリの英語のメールが届きました。

英語に拒否反応を示すことに1ヶ月無事にやれるのだろうかと、ちょっと不安になる。。

でも、大事なことだから読んでおかないと!と辞書片手に内容チェック。

したものの、…早々に諦めて、グーグル翻訳に打ち込み、翻訳してもらいました。確実!えい!

『登録を完了するために写真が必要であることにご留意ください。タイに到着した際に登録する際にお持ちいただくようお願いします。』 

と書かれている。

ん?なんの登録?写真のサイズは?と多々疑問はあったけど、

とりあえず「ハガキサイズ」の私が上半身写っている写真を持って行きました。

結果、証明写真のサイズでよかった…。笑

まずアシュラムに到着したら、TTCの参加者として登録するための申し込み用紙を記入します。そのときに使う写真でした。

(持っていった写真の顔のあたりを切り取り、なんとか無事に使えました。)

タイのプーチャイサイのアシュラムについてすぐの様子。受付しています。

ピックアップと飛行機の予約のタイミングについて

それから、このメールには大事なお知らせが載っています。

グループピックアップ。

メール内容

『ピックアップサービス

Phuchaisai Mountain Resortはチェンライ空港(CEI)/都市から40km離れた所。およそ車で45分かかります。』

フライトの詳細とピックアップの予約は、事前にtrpti@sivananda.orgまで連絡してください。

とのこと。

ありがたいことに、どの航空会社に乗って何時に着くかということも一緒に教えてくれます。

なので、どの航空会社使うかで待ち合わせの時間が変わるので

どれで来るか教えてね、とのこと。

指定のフライト以外の時間に来る人はプライベートピックアップも可能です。

ちなみに、グループピックアップは7ドル、プラベートピックアップは23ドルのようです(2015年10月時点)。

タクシーで行くより断然安い料金!

飛行機のチケットの予約をどうしよう、と迷っている方は

この予約完了メールを受け取ったあとに、フライトの予約することをおすすめします!

ピックアップの集合の時も、迷わずすぐに合流できました。

チェンライ空港でみつけました。

メールの中身を見逃していたらどうなるの!?

実は、ここまで書いておきながら、

フライトの時間とピックアップのお願いのメールを返信していなかったのでした。。

返信が必要だということを見逃していたのだと思われます…

そしたら、9月26日に改めてメールが届きました。

—————————–

Dear Sanae

Please advise your arrival details in order to arrange pickup

Thank you
kind regards

—————————–

『ピックアップ手配のために到着の詳細をお知らせください。』

と。

わーー、本当に申し訳ない。。

おかげで、無事にわたしもピックアップしてもらえました。

TTCの出発当日にもらった、先生たちからの励ましのメッセージ

これからタイに向けて旅の始まり。まずは関空に向かうバスからの眺め。

TTCの申し込みの手続きと、飛行機の手配。

それさえできてしまえば、あとは当日がやってきて出発するのみ!

わたしも出発までたくさんの方に支えてもらい、無事にタイまでたどり着くことができました。

香川在住のシヴァナンダヨガを教えてくれている、miyuki先生からは

『一瞬一瞬、どんなときも全身全霊で受けとめ、そして味わってきてください。この道を開いてくれた、スワミ・シヴァナンダ師がいつでも見守ってくれています。』

とメールをもらいました。

この言葉は今でも大事にしていることばです。

岡山在住のおなじくシヴァナンダヨガ講師のなおや先生からは、

『もし不安を感じたら自信を思い出してくださいね!
TTCに参加される方はシヴァナンダ師のお導きをすでに得ています。

何があっても自分に必要なことと受け入れてください。』

と励ましのメールをもらいました。

どんなに心強く、嬉しかったことか。懐かしいけれど覚えています。

なので、

もし、これからシヴァナンダヨガのTTCに参加されることを決めている方は、

自信をもって、あなたが選んだタイミングを信じて突き進んでほしいです。

心からわたしの1ヶ月を応援してくれた、先生や家族からもらった愛情をわたしからも送りますー!

バスの見送りにきてくれた旦那さん。そのときも今も感謝でいっぱい。

 

 

スポンサーリンク