こんぴらゲストハウス準備記録 -ヨガ旅編①-

こんにちは!サーシャヨガのさなえです。

現在、香川のこんぴらさん付近で小さなゲストハウスの準備をしています。

 

ゲストハウスの事務的な段取りは、思っていたよりもさらさらーっと流れ、いまのところテンポよく進んでいます。

おもしろいのは、

ヨガをとおして学んできたエッセンスをフル回転で使うような

出来事が次々とやってくること。

変化が激しく、なかなかわたしもついていくのに必死です。笑

まさにヨガ旅。なのでタイトルにもそうつけました。

ゲストハウスは「前からずっとやりたい!」と思っていたのかというとそうではなく、

かといって、「思いつき」かというと、そうではなく、、

「やるんでしょ!」みたいな感覚で現れたものでした。

目の前に用意されているものやこれまでの経験をみていくと、

いまは地元、香川でのゲストハウスだった。

 

用意されているものに、見向きもしないときはまったく見えないけど

見ようとすることを決めると不思議と見えてくるんだなぁ。不思議。

関東・関西ツアーでは本当にたくさんの人にお世話になり、ゲストハウスやおうちに泊めていただいたことも。こちらは千葉県のブラウンズフィールドにて。大家族。
わたしの宇野のコミュニティがはじまったルーツである、東山ビル。宿泊もでき、人と人が繋がる場所。

おしりの重たいわたしに行動を起こさせてくれるきっかけはいくつかあったけど

自分のルーツをちゃんと見ようと決めてからの気づきの早さに驚く…。

テーマはやっぱり苦手意識のあった、

第一チャクラの領域、家族・伝統・家系。

現実力、生きる力。

前々からそこが鍵だとはわかっちゃいたんだけどもね。

ツンツンつつかれているように、「ついにきたかー」という感じ。

そして、ここにフォーカスするようになってからの流れの早さよ。

 

実家にいるときに自分の普段みたくないところが見えてくる

ちゃんと向き合うべきは、ここなんだなと直感でわかっている

 

そう強く感じた、8月の終わり。

 

「よし、向き合う」と決めてからは

次のインスピレーションがくるのはとっても早かったなぁ。

その瞬間の空は忘れられない、9月1日の空。

太陽の光と、祖父が作るいちじく。

神さまからのギフトとしか思えなかった、いちじくの実。

 

家族や家系のことを見ていくうえで難しかったのは、

愛情のカタチが心配にかわっていたところ。

関係が別にこじれているわけではなく不仲でもない、

むしろ普段は仲がいい。

愛情いっぱいに育ててもらいました。

ただ、その愛情をわたしが受け止めきれていなかったところが

これまでも、なんどもなんどもクリアできなかった

 

愛情は、時に心配や不安に形をかえて表現される。

愛情だと頭でわかっていても、お腹の底から受け止めきれていない。

 

これまでの癖で

愛情が変化した心配や不安を、反発ではねのけてしまう。

そんな自分が嫌になるので、見たくない。なかなか見れない。。

 

 

『それでも見たい』ってなるのは、

なんかもう、わたしの性質なんだろうなとおもう。

 

マントラをとおして、

「闇をみていくことの大切さ」、

「闇をみることで見えてくる光があることがわかっていること」が

胸の奥深くに刻まれていたこと

もあって、なんとかかんとか、前に進んでいます。

わたしの力になってくれるマントラは、お護り。

なおさんから一番最初に教えてもらったマントラ。闇を見る力、真実を見る力、わたしのお護り。

 

今回も波は何度かあったけれど、闇がひとつ、光に変わりました。

穏やかな波に包まれているかのような光だったなぁ。

お母さん、ありがとー♡

 

そして、もちろん

最初のインスピレーションにワクワクがちゃんとあったこと。

これがなにより大切な、進んでいくための道しるべ。

 

チャクラ、マントラ、直感、信じること、わたしを生きること、家族、パートナー、チャネリングしてもらったタイミング、、

いろんなエッセンスに支えてもらって、進んでいます。

学びのエッセンスは暮らしに

刺激と創造と豊かさをもたらしてくれるもの。

約2年ぶり、バリ以来のしのぶさんのチャネリングも絶妙なタイミング!

 

さっそく、当初想像していたゲストハウスの状況からはまた別のものになってきているんだけど(笑)

それもそれで楽しんでしまいたいとおもいます。

 

—-

ツイッターでは、主にゲストハウス関係のこと呟いてます◎
お気軽にフォローしてくださいな〜 https://twitter.com/yoga_sahsya

 

引っ越して初めての梅雨。

梅雨のあいだの晴れ!

夏ですね〜

去年の8月に引っ越してきたので

この家で過ごす初めての梅雨はなかなか過酷です。

ちょうど今頃の時期は、セルフリノベーション真っ只中でした。

この季節にしてたんだーと思うとびっくりするけど

当時はやるって決めたので、やるしかなかったし、苦痛でもなく楽しんでた。

そういうもんでしょうな。

梅雨の時期、家族で知恵をしぼって乗り切っているのもなんだかおもしろい。

午前中は、ボイスワークしたりお話したり、

キールタン練習会でした。

月に1回〜2回のペースで楽しく練習する、わたしも大好きな時間なのです*

今日のお昼休みは、

今年はじめてのスイカ。

チャイコが仲間入りしてはじめての夏の家族写真。

ちゃっかりカメラ見てる、チャイたん。

庭があるって嬉しいなぁ。

種飛ばしできる〜

そうそう、我が家はクーラーがないのです。

除湿機能なんてもちろん、ない。

窓をあけて、扇風機でしのぐ。風の通り道を探す。

チャイたんには、凍らせたペットボトル枕を添えてます。

 

体のなかに熱がこもりやすくなってしまうので

水分もたっぷりあって体をなかから冷やしてくれるスイカはとっても嬉しい。

 

あとは旬のお野菜、

トマト・なす・きゅうりなど夏野菜が大活躍。

 

お昼ご飯は、あるものでつくるパスタやカレーが定番です。

暑すぎるとパスタやお米の気分ではなくなって、そうめんが美味しい季節。

暑すぎるときにエネルギーを使い切ってしまうような強いアーサナはしたくない。

体は正直。

だけど体を動かさないと、

逆にわたしはごはんで満足しようとする傾向にあることもわかりました。

 

なので、扇風機でしのぎつつ、

汗ダラッダラになるまで動くこともわたしには必要。

それが楽しんで思う存分やっています。

 

なるべくなるべく、消化力を考えてご飯を選ぶようになりました。

運動の量も毎日おんなじではなく、その日によって変えてみたり。

マントラの練習は欠かさずおこなうって約束したので

続けています。

 

毎日の暮らしで見つける、わたしのこと。

最近は、「わたしにとって、『自然なこと』だけをやりたい」っておもいます。

 

料理をつくることが自然な人

歌うことが自然な人

先生として教育することが自然な人

ものづくりが自然な人

物書きが自然な人

 

伝え方、見せ方、出来上がるまでの流れなど

全部ひっくるめて自然なかたちでありたい

 

その人がそれをやっていることが自然であることには無理がないし

心地よい。

 

今朝は一緒にキールタン練習をしていて声を出すことがとっても気持ちよかった

わたしも、わたしにとっての『自然なこと』にエネルギーをつかっていきたいなと思います。

 

今日のヨガの練習。カラダが動きたいように動く練習。

雨が降ったり止んだりの天気。

朝はすこし肌寒かったかと思うと、お昼はジメジメしたり。

1日のうちでも気分が移ろいやすい時期。

 

決まった動きから学ぶこともあるけれど、

最近のわたしのヨガの練習は

『カラダが動きたいように動く』ということ。

 

思い切り動かしたいときはとにかく動きを多くしてあげたり

あまり動かしたことのない流れを取り入れてやってみたり

「あーーー!」と声も出したり

かなり自由にやっています。

 

 

ヨガも踊りも声も全部がごちゃまぜのような時間。

 

とはいえ、ちょうど新月からムーンタイムに入っているので

夕方にはゆったりとしたヨガの動きを取り入れてスローダウンさせてあげる日が続いています。呼吸法から丁寧に。

それもやっぱりすごく気持ちがいい。

おかげで毎晩ぐっすり眠り、朝はパシッと6時前に目が覚めています。

夜ご飯を意識して軽めにしてあげることも良かったのかも。

 

女性に訪れる月経のタイミングも人それぞれだし、ライフバランスや役割も人それぞれ。

もっと大きな枠でみれば、月の満ち欠けの影響も受けていたりするわたしたち。

みんな見ている世界は違っていて

一人一人にできることや、任されていることも違っている。

 

そんななかでヨガやアーユルヴェーダの叡智を暮らしに取り入れて

『わたしにとっての心地よさ』をあれこれ試行しながら気付いてく。

 

ヨガはとても素敵なツールです。

 

サントーシマ先生が話してくれた、

「アーユルヴェーダやヨガの叡智は

不確定のなかで安定したい、という『人間の小さな試み』だよ」

ということば。

いつでもこのことばのもつ、器の大きさに救われます。

 

明日で6月も終わりますね。

上半期が終わります。

そして7月。

暑さも強まるけれど、楽しみもイベントもたくさんあって活動的な季節がやってきます。

移ろう季節とともに、変化するわたしを楽しみながら過ごしていきたいものです。

 

 

 

プライベートセッションの日。

今日は「プライベートセッション」の日。

午前中は定期的にサーシャヨガに来てくださる方と。

今週は週2で逢えました^^

午後からは、ご結婚を機にお引越しをされて、それ以来すごく久しぶりにお逢いできる方と。

積もる話はたくさんありました。

どちらのセッションも、楽し嬉しいセッションでした^^

 

チャイちゃん、お出迎えからお見送りまでこのスタイルでいることもあります。

 

「きみ、ずっと寝てるやん〜」とつっこまれてました。

くつろぎ上手。

 

『体質的にあまり体を動かすことが必要ではなくて、どちらかというとリラックスしたい』という場合にも

『体をたくさん動かしてスッキリしたい。ストレッチもたくさんしたい』という場合にも。

からだに寄り添ってみます。

ヨガは心地いい感覚を思い出させてくれます。

 

いま、なにを感じている?

どうすると気持ちが良くなる?

からだとの対話。

自分自身との対話。

あなたとわたしの対話。

 

『普段の暮らしのなかで見えにくくなっているもの』

『忘れてしまっていることや感覚』

そんなことを思い出す時間になりました。

 

家とお仕事のルーティンを物理的に壊してあげるだけでも、

違った空気がわたしのなかに入り込んでくる。価値観も。

だからわたしは旅も大好き。

 

だいぶ暑くなってきたので、ヨガ終わりの柑橘系の果物がおいしいです。

 

 

そうそう、今日はわたし、ちょっと右目が腫れておりました。。

夜に虫に刺されて、てっきり蚊なのかとおもったけど、違っていたみたい。

 

みなさんとお逢いしたら、すっかり腫れてること忘れてしまっていた。

 

サーシャヨガにいつでもまたくつろぎに来てくださいね。

今日もありがとうございました♡

今年1月につくった『ビジョンマップ』に取り組む時期。

 

雨の日。

今朝の唄うヨガ・キールタンのレッスンにて、チャイ子が玄関でお出迎え。

チャイちゃん、だんだん人間に慣れてきた模様。

 

雨音のなかに声を混ぜて重ねる気持ち良さ。

しっとりとした湿った空気には

少し内側のエネルギーをつかう発声で、からだに少しだけ熱を加えて。

 

sahsya yogaでの3人でキールタンの時間は

穏やかで、楽しくて、きっとわたしが一番くつろいでいた。

幸せな時間でした。

 

Facebookの個人のプロフィールの写真を、こちらに変えました。

いまのわたしにしっくりくる写真に変えるだけで、落ち着くのは

きっと余分な肩の力は抜いたらいいよーというサインなのかも。

「変わっていくこと」を自然なカタチで受け入れられるように思えます。

 

ちなみに今まで使っていた写真はこちら。

もう1年以上も前だからねー。バリで撮ってもらった一枚でした。

右手にゴムをするところは変わっちゃいない。。(笑)

 

写真を変えたことが影響しているのか、雨が影響しているのかわからないけど

1年前には気づいていなかったわたしの世界が

少しずつ、あれ、これかも?みたいな感じ。

 

この感じ、なんだっけーーと思っていたところ、、
そうそう、これー!

今年の1月につくった、わたしの『ビジョンマップ』。

当時も、こんなに女性を押したビジョンを作っていました。

 

いま、ここに取り組む時期!
それが、わたしにとって必要な時間なのです。

 

あさって9日は、射手座の満月。

女性であるわたしをまるごと愛するためのワークに3日間参加してきます。

 

1月にビジョンマップをつくり、

3月にワークに申し込みをして、

6月にまさにいま!と感じるタイミングで参加できること。

必要なタイミングをしっかり掴んでいるなと感じる瞬間って、

わたしにとっての喜びのひとつです^^

 

サントーシマ先生のムーンサイクルヨガも女性のために必要なことを教えてくれた大切なきっかけだったなぁ…

さてさてどうしよう!考えるのが楽しくなってきました。

 

こだわりの食・音楽・暮らしを一度に味わう贅沢なオーガニックイベント(アースデイ岡山)

こんにちは〜 sanaeです。

5/7は、アースデイ岡山に遊びに行きましたよー!

食や衣服など、とことんこだわったお店が一挙に集うということでわくわく。

エネルギーいっぱいのひとやモノ、音が集まる会場は

お天気にも恵まれてとーっても気持ちよかったです。

migramの音楽と、たいち利枝さんの舞い

心地よい風と太陽と空気のなかで

音楽のバイブレーションが合わさって自然と体もうずうず〜。

 

わたしも一緒に連れて行ってもらいました〜〜

 

みんなでゆらゆら揺れるのはとても幸せです。

豊かで贅沢な時間。

音楽が体のなかを流れていくのって心地いいです。

それぞれのリズムで暮らすことが多いなか、

一緒にシェアできることって日常ではなかなかないものね。

イベント万歳!

裸足で芝生ってめちゃくちゃ気持ちいい〜

踊っていたら

こんな素敵な雲が!!

『彩雲』といって、見た人には幸運が訪れるとも言われているそう。一緒に会場にいたみんなでhappyを共有しました。

 

さてさて、お待ちかねのお昼ごはんタイム。

こだわりのお店ばかりで悩む悩む、、、

まず、一品目は『いなほ屋』さんのカレーにしました。

行列のできるカレー屋さん。

京橋朝市でも食べたのだけど、やっぱり美味しい。見つけてしまうたびに食べてみたいカレーなのです。

ビーガニックカレー各種。

ダル&ベジ・チキンカレーのあいがけにしました。

芝生のうえでいただきます。あぁ、贅沢。

もちろんおいしかったぁ。ご馳走様です。

さてさて、お次は『inori』さん。

ディスプレイがもう可愛い〜

牛窓キャベツのキッシュ。

見た目でもうすでに美味しそうなのが伝わりますよねー

食べたらやっぱり美味しかった!スパイスの使い方にびっくり。他にもさつまいものタルトや、豆腐ブラウニーなどもいただきましたが、どれもこれも意外なお味でそれがまた美味しいの!

すっかりファンになりました。

 

ドリンクを求めてお次のお店は、『かぴばらこーひー』さんへ。

無農薬のレモンを使った、レモンコーヒーは、かぴばらさんでしか味わえないお味とのこと。

レモン入りのコーヒーは、予想を上回る衝撃的な美味しさ。

いや、これ本当ですよ。

レモンティーの要素もありつつ、もちろんコーヒーでスッキリさっぱり。最高です。

オーガニック&フェアトレード、卵と乳製品不使用のお菓子『のらくら堂』さんのナッツのタルトと一緒にいただきました。

甘さが絶妙で、幸せなタルト〜うまっ。

そして美味しくいただきながら、実は次のお店を順番待ちして並んでいたのです。笑

石窯ピザー!

こだわりの小麦粉とチーズ&農薬不使用の季節の野菜、石窯で焼く本格ナポリピッツァ『MUNCH’S』さんです。

 

「旬の野菜のカプリチョーザ」にしました。

『wacca farm』さんの新玉ねぎや小カブ、『オーガニックファーム風の谷』さんのカブが優しい味で、シンプルなんだけどこだわりがぎゅっと詰まっているピザでした。

素材の良さを引き立てるってこういうことなんだろうな。

瀬戸内市にあるというところで共通していて、また想いも共有している繋がりで美味しいものが出来上がる。

とっても素敵な循環だなぁ。

 

自然があって、音楽があって、安全でおいしい食事があって仲間がいること。

 

自然と心も満たされる嬉しいイベント、アースデイ岡山。

 

その先に地球に思いを馳せて、循環する暮らし。

繋がる人やモノ、自然。

裸足で大地を踏んで、風と一緒に踊って、わたしのなかも周りの環境もどんどん巡るといいなぁ。

アースデイ、とっても楽しかった!エネルギーいっぱいの素敵なイベントをありがとうございました。

わたしも参加してくださる方に、何か気づきをそっと味わってもらえるようなイベントを企画していきたいなと改めて思いました〜。